必読!車検は神戸がおすすめ

車を持っている方にとって、誰もが避けられないものがあります。それは車検です。日本の法律では、2年に1回(新車の場合は3年に1回)車検を受けることが義務付けられています。今回は、神戸の車検について詳しく解説していきたいと思います。

車検はどこで受ければいい?

車検を受けられる場所は幾つかあります。自動車メーカーのディーラーは、整備工場を併設しているところが多いため車検を受けることが可能です。ディーラーは資本力が充実しているため、人材や設備がしっかりしていて安心感があります。また、民間の整備工場でも車検を受けることができます。民間の整備工場とは、「◯◯モータース」「◯◯整備工場」と名乗っているところで、元ディーラーの整備士が働いていることが多いです。さらに、国家整備士が在籍しているガソリンスタンドでも車検を受けることが可能です。神戸は全国でも自動車保有台数が多いためディーラーや民間の整備工場やガソリンスタンドが多数点在しており、選択肢が広いのが特長です。車検なら神戸が受けやすいでしょう。

軽自動車の車検はどこで受けられる?

軽自動車に乗っている方にも、普通自動車と同じように車検はあります。車検の時期も普通自動車と同様に、2年に1回となっています。車検は、ディーラーなどの車検場を通さないパターンがあり、これをユーザー車検と言います。軽自動車でユーザー車検を行う場合は、軽自動車検査協会というところで受けることになります。神戸には軽自動車検査協会兵庫事務所があり、以前は西区にありましたが現在は東灘区に移転しました。管轄区域は神戸や明石市などの神戸ナンバーとなっています。何度かディーラー車検や民間の整備工場などで車検を済ませた経験のある方は、軽自動車検査協会で車検を受けてみてはいかがでしょうか。ここで車検を受けると、他の業者より費用を安く抑えられるのでオススメです。

車検が切れてしまった時はどうすればいい?

車検が切れてしまった状態で公道を走ると、一定期間の運転免許停止処分や、数十万円の罰金が課せられます。このようなペナルティを受けないようにするためには、まず車検切れの車をもう一度車検に通す必要があります。しかし公道を走れないため、通常のようにディーラーやガソリンスタンドに向かうことが出来ません。このような時はキャリアカーを使って整備工場に行くか、仮ナンバーを申請して車検を受け直す、あるいは出張車検サービスを行っている車検専門店に依頼する、などの方法があります。神戸には様々な出張車検サービスを行っている店があり、自宅や職場まで引き取りに来てくれ、当日納車が可能なので安心です。さらに部品の交換や分解整備が必要になった時も、勝手に作業を進めることなく整備士がしっかりと整備してくれます。