車検を神戸でするならココに注目!

車検に必要な金額は2年に一回とはいえ、大きな出費と時間を要します。金額は単位が万単位ですし、時間も数時間単位です。中でも神戸は車検の扱いの多い都市のひとつです。しっかりとポイントを押さえて賢く、そして安全、安心に受けるためにはどのようなポイントに絞ってどこで受ければいいのかを見極めます。

車検の出す先の選択方法

車検を受ける機関が神戸にカーディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店の3つに分類されます。車検も受ける内容によって異なりますが、税金を除く車検の基本代行費用はカーディーラー、カー用品店、ガソリンスタンドの順で高額です。ただし、それぞれに利点はあります。カーディーラーは高いだけでなく、何か不具合が見つかった時に部品を取り寄せるのが早かったり、保証も長いものが多いという利点も兼ね備えてあり、単に高いだけ、ブランドだけということもありません。それだけに経年車を保有する人にとってはかえって便利といえます。また、カー用品店はセール商品も多いので他のメーカー商品も使用可能な部品もあれば代替品としてコストを抑えることができます。

受けたいところに候補ができたらすること

神戸は車検の情報をどこかで目にするほど激戦区です。それだけにどこもほとんど何かしらの割引やサービスがあります。それは早期割引、持ち込み割引、ポイントカードなど様々ですが、ここはしっかりとリサーチが必要です。車検は、車検満了日の1か月前から検査は受けることができるのですが2か月ほど前から案内が来ます。まだまだと思いがちですが、ここからがリサーチの始まりです。多いのはカーディーラーでお誕生日カード、ポイントカード、持ち込み割引、早期割引などがないか見積もりを取りに行きます。そしてそれを元に、カー用品店でこの見積もりで代替品可能なものがないかを確認、比較します。最後にガソリンスタンドで割引チケットやキャンペーンをチェックします。

最終的にお願いする前にしたいこと

車検の日にちが迫ってきたらまずしたいのは予約です。神戸は台数も多くて、特に土日などは非常に混み合います。車を預ける,待つに関わらず、できれば朝一番、もしくはお昼一番の予約枠でお願いするのがいいです。自動車の場合、見積時には順調だったとしてもいざ車を預けるときにこんなことも気になるというお客さんが多いのです。そこで例えば朝もしくは昼の一番でなければ、前の予約の枠の人が気になることが出てきて仕事が押すとなれば当然次の予約の時間が遅れていきます。神戸のように車が多いところでは顧客確保のため時間に余裕をもって予約枠はなく、ぎりぎりの時間配分なのでお金だけでなく、大事な時間を節約するためにも予約のとり方には注意が必要です。